足汗病気

足汗の病気について

足汗に関連している病気では多汗症が1番多くあると言われています。

 

この多汗症は精神性発汗によるものが強いと言われており、
極度の緊張や驚いたときなどにエクリン腺から分泌されるという病気と言われています。

 

多汗症の症状では、特に手のひらや足に汗をかきやすいと言われていますので、
手掌足蹠多汗症とも言われています。

 

治療には、
代償性発汗という副作用が心配されますのでしっかり調べる必要があります。

スポンサード リンク

どちらもニオイを発する足汗の病気になりますので、
早い段階での適切な対処が大切になってきます。

 

 

これは季節にはあまり関係なく、
生活環境に大きく左右されてしまう為、深刻化もしやすいのです。

 

 

また足汗が原因となる病気では、白癬菌に感染するということもあります。

 

 

いわゆる水虫のことをいうのですが、
水虫も足汗で蒸れることによって引き起こしやすいと言われている病気です。

 

 

直接的に足汗が起因となっていると言うよりは、
足汗による感染促進ということに関連してきます。

 

 

水虫では、感染してから24時間以内に洗浄すれば防ぐことが可能です。

 

 

ですが、この足蒸れの除隊では、
24時間を待たずとしても発症してしまう事もありえます。

 

 

ご存知の通り、
感染してしまいますと、強烈なニオイや足の指の間がジュクジュクになってしまい、
激しい痒みに襲われてしまうこともありますので、こうした皮膚の病にも気を付ける必要があります。

 

 

そして更年期障害も考えられます。

 

 

この場合では、障害の一環としての発汗異常という事になります。

 

 

自己判断がつきにくい状態でもあるので、医師の判断が大切になってきます。

スポンサード リンク