足の裏汗疱

足の裏の「汗疱」について

足の裏汗疱とは、汗疱状湿疹のことをいいます。

 

これは水ぶくれであるだけではなく、
痒みや痛みを伴うことがあるのが代表的な症状です。

 

 

この足の裏汗疱の一般的な治し方としては、
できるだけ足の裏に汗をかきにくくするのが良いと言われています。

 

もちろん、足の裏汗疱が酷くなったときは、皮膚科を受診して医師に診てもらうのが良いのですが、
皮膚科を受診できない人は薬局で市販されている塗り薬を購入して、お風呂上りに塗布するのが良いでしょう。

スポンサード リンク

それと足の裏汗疱は塩分不足が原因になっているとも言われていますので、
適量の塩分を摂取するのが良いと言われています。

 

 

摂り過ぎは、別の意味で危険になりますから注意が必要ですが、
特に運動をした後などでは、寒い季節などであっても適度に摂取するように心がけましょう。

 

 

百合油を塗ると改善できることがあるとも言われています。

 

 

そしてアルコールの摂取や喫煙、
それに食品添加物が入ったお菓子なども控えた方が治りやすくなります。

 

 

ビタミンB群ビオチンなどの栄養分をサプリメントなどで摂取するのも良いようです。

 

 

ですが、サプリはあくまで、栄養補助的に摂取するようにしましょう。
基本栄養素としては、通常の食事から摂取することが好ましいです。

 

 

治し方の流れとしては、こうしたことをまずは試してみて、
それでも改善できそうにないなら皮膚科に行くようにしましょう。

 

 

当然の事ながら生活基準を見直すことで、早い完治が期待できます。

 

 

分かっていても、なかなかできないのが生活改善です。

 

この機会に本格的に見直してみることも重要ですね。

スポンサード リンク