足爪臭い

「足爪の臭い」について

「何も心当たりがないのに、足が臭い。。。」

 

「あれ?もしかして、爪が臭い?」

 

足の爪が臭いときは、
足の裏汗が原因となるのが多いのです。

 

 

足の裏汗によって増殖した雑菌が、足の裏から5本の指に移っていき、
最終的に爪に入り込んでしまうからと言われています。

 

ニオイの強度は湿気と雑菌のバランスにあります。

スポンサード リンク

もちろん、その逆も考えられるのですが、
ここではあくまで足の裏汗との関連性についてお話します。

 

 

足指はただでさえゴミや垢などが溜まりやすい箇所と言われていますので、
臭いが発生しやすくなるのですが、雑菌が溜まってしまいますとゴミや垢などとは違う、
鼻をつくような強烈な臭いがします。

 

 

ありえないような臭いがありますから、誰しも経験があると思います。

 

 

そして爪が強烈に臭いというときは、
爪白癬に感染している可能性が有ります。

 

 

白癬菌とは水虫のことを言いますが、
この水虫が原因となって臭いが出ている場合は、治りにくいと言われています。

 

 

つまり、この原因の一つが足の裏汗という事になります。

 

 

だから皮膚科に行って診てもらうのが良いのですが、そもそも足の裏汗が根本的な原因となっていますので、
治ったとしても足の裏汗をかくことによって再発してしまいます。

 

 

根本的な意味で足の裏汗をかかないようにしないといけないのです。

 

 

これには先述したとおり、生活基準を見直すことが大きく関係してくると言うわけです。

 

 

当たり前の事が、もっとも難しかったりするので意識的に改善してゆくことが大切になってきます。

 

 

それとコマメに爪を綺麗に切ることや、
マニュキアを塗ることも感染しにくくなると言われています。

スポンサード リンク