赤ちゃん足の裏汗

赤ちゃんの足の裏汗について

赤ちゃんにおいては、あまりにも多くの症状があり困惑している方も多い事と思います。

 

大きな病気であることは、もちろん、小さな疾患であっても見逃すわけにはいきません。

 

赤ちゃんが足の裏汗をかいている時は
行動を注意しておいたほうが良いと言われています。

 

もちろん、
足の裏汗が原因となっておきる病気があるからですが、
懸念される病気には多汗症手足口病などが挙げられます。

スポンサード リンク

手足口病に至っては、最近、さらに問題視されていますね。

 

 

主に皮膚の病気を患ってしまうことが多いと言われており、
砂かぶれ様皮膚炎という、
赤ちゃんの手足にだけ赤い丘疹が多発する皮膚炎を患ってしまうこともあります。

 

 

 

そして赤ちゃんが足の裏汗をかいているときの行動における注意点です。

 

 

歩く時には足の裏汗を綺麗に拭いてから歩かせるようにして、
床にいる雑菌が侵入しないように靴下を履かせるようにしましょう。

 

 

これは冬であっても同じです。
夏であって靴下をはかせるのが躊躇われる時などでは、
マメに足を洗ってあげるようにしましょう。

 

 

また足の指を舐める行動や爪を噛む行動などには注意しておくことも大切です。

 

 

絶対に舐めさせることや噛むことはさせないようにして、
しつこく行おうとするときはおもちゃやぬいぐるみなどで誤魔化すのが良いようです。

 

 

この時、おもちゃやぬいぐるみの殺菌も心がけておくようにしましょう。

 

あらかじめ、足の汗による雑菌がついている可能性もありますので。

 

 

しかしながら、
赤ちゃんの足の裏汗が異常に多いときは、
医師に診てもらうのを忘れずに。

スポンサード リンク