甲状腺機能亢進症の原因

甲状腺機能亢進症原因について

甲状腺機能亢進症の原因として最も多い原因と言われていますのが
先述しましたバセドウ病という病気になります。

 

 

甲状腺ホルモン受容体が抗体を起こすことによって
起こってしまう自己免疫疾患が原因とされています。

 

 

自己免疫疾患という事になりますと、
自分を守る為の免疫に異常があらわれ、
逆に自分に対して何らかの過剰反応を起こしてしまうということになります。

スポンサード リンク

眼球突出などの、
女性としては辛い症状があらわれてきてしまいます。

 

 

 

この他の甲状腺機能亢進症原因は、

  • 甲状腺炎・プランマー病
  • 甲状腺刺激ホルモン様物質産生腫瘍
  • 甲状腺ホルモン過剰摂取

 

などが、多くの場合起因になってくるとも言われています。

 

 

そして血液中にTSHレセプター抗体ができることも原因とされており、
このレセプターができることによって無制限に甲状腺を刺激してしまいますので、
結果的に甲状腺ホルモンが過剰に作られてしまうのです。

 

 

こうした甲状腺機能亢進症原因で引き起こされてしまうのですが、
TSHレセプターができてしまう理由は、今だに解明されていないと言われています。

 

 

さらには甲状腺の病気は遺伝的な原因もあるとされています。

 

 

家族に甲状腺の病気を患ったことがある場合は、
病院で1度検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

 

遺伝での場合は、確実性があるわけではないのですが、
可能性が高いと判断された場合などには、あらかじめ適切な予防策を立てることができます。

 

 

知っておくことにより回避できる病気は多いのです。

スポンサード リンク