交感神経過緊張

交感神経過緊張について

汗をかくという状態では、
どうしても気温や環境に関連していると思ってしまいがちです。

 

確かに季節やどんな状態で生活しているのか、は大切です。

 

ですが、身体の内側からの影響(病気以外)
で汗が過剰に噴出している点も見過ごせません。

スポンサード リンク

ここでは、交感神経過緊張による影響についてお話します。

 

 

 

交感神経が過緊張の状態になっていることで、
足の裏汗をかきやすくなるのです。

 

 

これはストレスを感じる事で交感神経が過緊張の状態になることにより、
手の平や足の裏などに汗をかきやすくなるのです。

 

 

また心配事があるときや不安に思うことがあるときなどにも、
足の裏に汗をかきやすくなり、こちらも先程と同じように交感神経のバランスがくるって
過緊張の状態になるからと言われています。

 

 

いづれも精神的な緊張が、
そのまんま交感神経の緊張へリンクしているという事になります。

 

 

そして足の裏が少し汗ばむくらいなら、それほど気にすることではありませんが、
靴下や靴などの履いているものが濡れてしまうくらい汗をかくというときは、

 

水虫になる可能性がありますので気を付けましょう。

 

 

家に上がるときに、床が湿るレベルでは、注意が必要です。

 

 

それと冬などの寒い季節でも足の裏に汗をかくことがありますが、
暑くなくても汗をかくのは交感神経の働きが高まっている状態にありますので、
温かくしても足の裏汗をかいてしまうのです。

 

 

このように交感神経の過緊張と足の裏汗には、
切っても切れない深い関係があるのです。

スポンサード リンク