交感神経と副交感神経の違い

交感神経と副交感神経の違いについて

自律神経である交感神経と副交感神経には違いがあります。

 

意外とこんがらかって覚えてしまっている方も多い事かと思います。

 

交感神経とは?

 

交感神経は体を活発に動かしたときに働く神経で、
興奮した状態になることで心拍数が早くなり、
足の裏汗や手の平などに汗をかきやすくなります。

 

この異常な活性化が多汗につながるのです。
過度に活発化させることは、さまざまな問題をひきおこしてしまいます。

スポンサード リンク

副交感神経とは?

 

そして副交感神経は交感神経と反対の働きをすると言われており、
副交感神経は体がリラックスしているときに働き、

 

寝ているときや食事をしているときなどに活発に働く神経と言われています。

 

 

入浴をゆっくりとすることなどにより、交感神経からスムーズに切り替わります。

 

 

この切り替えがしっかりとできないと、睡眠障害などになってしまいます。

 

 

 

こうした違いからも分かるように、
交感神経が活発に働くことで足の裏にかいた汗を、副交感神経が働くことで抑えていますので、

 

2つの神経バランスが乱れてしまいますと、汗をかきやすくなってしまうようです。

 

 

どちらか一方が、良くても危険です。

 

 

バランスを大切にすることが基本になってきます。

 

 

また交感神経が活発に働くことで、
アドレナリンが分泌され、足の裏汗をかきやすくなりますが、
これは外部からの刺激によって敏感になっているため、ストレスを感じやすくなっているからです。

 

 

足の裏汗との関係や、こうした神経の違いを知っておくことも重要なことです。

スポンサード リンク