交感神経と副交感神経を切り替える

交感神経と副交感神経を切り替える

ストレスを感じることによって交感神経が興奮状態になりますと、
副交感神経への切り替えがスムーズにいかなくなり、足の裏などに汗をかいてしまいますので、

 

スムーズに切り替えられるようコントロールすることが大切になります。

 

 

交感神経と副交感神経をスムーズに切り替えるには、
腹式呼吸をすると切り替えることができます。

 

腹式呼吸は深く息を吸い込みますので、
副交感神経が優位となり、落ち着くことができるのです。

スポンサード リンク

腹式呼吸のコツ

お腹を膨らませながら息を深く吸い込み、

 

お腹を意識しながら鼻から息をゆっくり吐き、

 

20秒くらいかけて息を吐くのが良いと言われています。

 

 

この時、肩が動いてしまうのでは、肺呼吸になってしまっています。

 

 

緊張状態にある時は、呼吸が浅く、この肺呼吸になってしまっていることが多いのです。

 

 

意識して、腹式呼吸に切り替えられるようにしておきましょう。

 

 

 

また呼吸法の他に、規則正しい生活をすることでも、
交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになると言われています。

 

 

ぬるめのお風呂に長めにつかる、というのも良い方法です。
あくまでリラックスできるものがベストではありますが。

 

 

適度な運動をするのも良いと言われていますので心がけておくと良いでしょう。

 

 

過度の運度では、逆効果になってしまいますので、
リラックス目的にウォーキングくらいが良いかもしれませんね。

 

 

このような簡単な方法で、交感神経と副交感神経のスイッチをスムーズにして、
無駄な汗をかかないようにするのも良いでしょう。

スポンサード リンク