交感神経を鎮める方法

交感神経を鎮める方法についての注意点

交感神経を鎮める方法には、食欲を満たすという方法があります。
つまり、満足できるレベルに食事を楽しむという方法になります。

 

この時、重要なのが「満足できるレベル」という事です。

 

  • 「カロリーが。。。」
  • 「太るかも。。。」
  • 「胃の調子が。。。」

 

などといった考えを持たないレベルです。

 

 

そして、
食事をすることで副交感神経を優位にすることができますが、
食べ過ぎすぎますと副交感神経が優位になり過ぎますので注意する必要があります。

スポンサード リンク

また爪揉みも交感神経を鎮める方法として良いと言われており、
爪揉みとは爪の生え際の角を10秒くらい挟みながら揉むのですが、

 

揉み過ぎると痛くなりますので、ほどほどにするように注意しましょう。

 

 

特に薬指の爪を揉むのが効果的と言われていますが、
寝る前に薬指の爪を揉むのは寝れなくなってしまうことがあると言われていますので、
爪揉みの注意点として覚えておくと良いでしょう。

 

 

それと交感神経を鎮める作用がある、
エッセンシャルオイルをハンカチに数滴つけてニオイを嗅ぐのも良いと言われていますが、
鎮静作用があるものを選ぶように注意しておいてください。

 

 

興奮作用があるモノでは、まったくもって意味がありませんからね。

 

 

ハーブなども効果的です。

 

 

ですが、いずれも

  • 「安心する」
  • 「心が落ち着く」
  • 「好きだなぁ」

と思えるアイテムや方法であることが必須条件になります。

 

 

このような交感神経を鎮める方法を行うときには、
色々なリラックスにおける注意点に気を付けながら試してみることが大切になります。

スポンサード リンク